赤坂モデル事務所 Akasaka Model Office

モデルの心得(ポーズ編) Model Mind (Pose)

 

モデルを目指す皆さん、そして初心者モデルさんのために、モデルの心得についてのちょっと一言まとめてみました。前ページ生活編に続きポーズ・姿勢編です。参考にしてくださいね。

 

■ベーシックな姿勢
基本の立ち方は壁を背にして立ったときに背、お尻、踵(かかと)の一部(矢印参照)が同時に壁についている状態をイメージします。身体に覚えさせるためにお出かけ前とか、仕事の合間に壁を利用して行って(チェック)ください。普段歩くときもこの姿勢を意識しましょう。これを続けていると自然と姿勢が良くなり=プロポーションが良くなるのです。自分ではなかなか実感がないかもしれませんが、友達や身近な方にときどきチェックしてもらうようにしましょう。

 

■立つ姿勢
正しい姿勢で立つということも非常に大切。ポイントとしては
1胸を張る(胸を前に突き出し、背筋が窮屈になるイメージ)
2お腹を引っ込める(胸を張ったまま、お腹を引っ込めましょう)
3肩の力を抜く(多分、肩に力入っているはずなのでリラックスしましょう)
4顎を引く(顎の引きすぎると二重アゴが出やすいので注意です)
この4つができれば綺麗な姿勢が作れるはず。意識してみてください。

 

■華麗なポーズ
立ち姿を美しく見せるにはリラックスしたポーズがポイントになります。体重をかける割合は、前に出ている足には軽く、体重のほとんどは後ろにある足にかかるようにします。また肩の力を抜いて自然体で立つようにしましょう。歩き出す時は前に出ている足のつま先を進行方向に向けて踏み出すようにしましょう。
前に出ている脚の膝を軽く曲げて少し内側に寄せるようにして立つと正面から見てもキレイなシルエットになります。ただし体重の大部分を支えている後側の脚の膝はまっすぐ伸ばしておきましょう。
最後に視線の先を前方に定め、軽くアゴを引き“背筋を伸ばし”たら、モデルポーズの出来上がりです。腕や手の位置は自由です、コスチュームや雰囲気に合わせて自分なりのバリエーションを考えてみましょう。
 リラックスした状態で立っていられるように何度も繰返して身体で覚えてください。また写真撮影の場合、少しハス(カメラに対して斜め)に構えると細く見えますので試してみて下さい。

 

■顔の表情
一番重要なのは何と言っても表情です。表情はモデルの全てを映します。
なので、不安があれば、不安あるように映り、自信があれば、自信があるように映ります。したがって練習の時に限らず常に自分の表情に意識を置いてみてください。
■目の表情
 目は顔全体の表情の要となる大切なアイテムです。目の動きで表情の善し悪しがでてきます。ファッション・ショーでもヘア・ショーでもモデルの目の動きは常に注目されます。
 与えられたテーマをステージの上でより良く演出するのはモデルの仕事ですが、活き活きとした目は観客に好印象を与えるばかりでなく、テーマ(着ているコスチュームだったり、ヘア・デザインだったり)そのものが活きてくるのです。
 日頃から目や口元の運動を欠かさないようにして顔の筋肉をたくさん動かしましょう。目線の上下左右、回転運動などに加え、目を動かしたり瞼の開閉する速さにも工夫をして表現豊かな表情を意識して作れるようにしてください。
 普段でも相手の目を見てお話をしたり、聞いたりしましょう、印象的な目はあなたの美しさを際立たせます。

 

■バストアップ
 モデルにとってもバストラインはウェアのシルエットを美しく演出する上で大切なチェックポイントになります。右のように背中にある肩甲骨(けんこうこつ)を内側に絞るようにするだけで姿勢(背筋が伸びる)が良くなり、その場でバストアップできます

 

■あご
ポーズをきめる際はきっちりあごを引くことです。これができていないだと素人に見えてしまいますよ。

 

■腰
ポージングをする際は特に腰に注意します。しっかりとしたポーズが決められないことがありますが、それを解消するためにはしっかり腰を入れることが大切です。

 

■美しい脚
ちょっとした工夫であなたの脚をさらに美しく見せることができます。ソファー(イス)に座るときなどには左右どちらでも良いですから、足先を揃えできるだけつま先を伸ばし斜に流すようにすると美しく長く見せることが出来ます。つまり足首を伸ばすことで臑(すね)を長くするのです。
 通常、踵を床に付けた状態のベタ足を正面から見ると膝頭から足首までの長さ(いわゆるスネの部分です)しかありません。それをヒールの高い靴を履いたりして足の甲の部分も露出して長く見せます。よくパンプスと呼ばれている靴は足の甲が露出するようにデザインされています。さらにヒールが高ければ高いほど臑の部分が延長して脚全体が長く見えるのです。
 また、腰から足先まで同色系にまとめることで脚がより長く見えます。これはクラシックバレエのトゥシューズやフィギアスケートでも応用されてますね。またハイレグの水着も同じような効果ですね。

 

■身体の部位を動かす
モデル初心者の方は、なかなかポージングをすぐ身につけることが難しいですよね。
したがってまずは身体の向きをちょっとずらしたり、足をクロスさせたり、腕を交差させたりと、少しずつどこかの部位を動かすところから始めましょう。ちょっとした変化をつけるだけでも印象はかなり変わります。

 

■座った状態での撮影
初心者の方にオススメなのは、座った状態でポージングをすることです。どうしても立った状態だと力みやすくなりますが、座った状態だとリラックスしやすくなります。
また足の位置を変化させるだけで印象を変えることができます。体育座りをして膝を抱えるようなポーズにすると可愛らしくて、子供っぽさを表現できます。また、足を伸ばすと大人っぽい印象を与えることができます。
もしポージングに自信がなかったり、ポージングのネタ切れをしてしまったら、座った状態での撮影をしてもらいましょう。

 

■遠近法
女性なら誰でも思うのが、「顔を小さく見せたい」ではないでしょうか?顔を小さく見せるためには遠近法を学ぶことが一番です。
立っている2人がいて「アゴが前に出ている人」と、「顎を引いている方」を比較した場合、顎が前に出てしまっている人の方が、顔が大きく写りやすくなりますよね。
これは遠近法によるものです。なので、ポージングの際にメリハリがつくように遠近法を取り入れながらポーズしていきましょう。

 


page top